FC2ブログ

同時接種てなーに?注射って1種類ずつうつんじゃないの?

予防接種は、小学校にあがる前、特に0歳から2歳未満までに接種しなければ
ならないものが、たくさんあるというお話をしました。

そして、生ワクチンの1ヶ月あけなければならない接種間隔や不活化ワクチンは
1週間あければ、次のワクチンが接種できるけれど、複数回セットの場合は特定の
期間をそれぞれ空けなければならないというお話、定期接種や任意接種のルールでは
無料で接種するには決まった年齢や期間内に接種しなければいけないという
ことをお話しました。

この状態では、ワクチンを1日にひとつひとつ接種していたのでは、スケジュールを
こなすことができませんし、ほとんど毎週クリニックにきていただく必要があり、
おとうさん、おかあさんの負担、小児科クリニックの負担もどんどん増えてしまいます。

そこで、同時接種といって、1日にいくつものワクチンを同時にうってしまう
方法が主流になっています。

赤ちゃんには、ちょっとかわいそうですが、右腕、左腕、脚、飲むワクチン•••
といったように、多いときは5種類程度のワクチンを接種してもらうこともあります。

赤ちゃんが辛そうにしますし、なんとなくデリケートな赤ちゃんの体にも悪そう?
有料のワクチンなら、家計にも響くし。。。

できれば、同時接種はやめたいなあ、と、考えるおとうさん、おかあさんも少なくないようです。

でも、同時接種は、世界の医療では常識です。基本的には、1日にいくつうっても、
どんな組み合わせでも、問題ないのです。

アメリカでは7種混合ワクチンといって1回うったら7種類のワクチンをうったことに
なるものまであります。
※日本では3種混合というのがありますが、4種混合というのが、2012年より始まりました。

同時接種は、一見恐ろしそうですが、とても効率がよく、経済的です。
それに、免疫力が低く、病気に感染しやすい赤ちゃんに、なんの予防もせずに、感染源に
放り出すほうが恐ろしくありませんか?

赤ちゃんの免疫力は、大人とは比べ物にならないほど弱いのです。
ウィルスは目に見えないので、恐ろしさが今ひとつ実感できませんが、赤ちゃんをまもるため
はやめに、計画的に、かかりつけドクターと相談しながら、予約をとっていきましょう!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェンナーの会

Author:ジェンナーの会
おかあさん、おとうさんの大切な赤ちゃんがいつまでも元気にすくすく大きくなってもらうためのお話を、うっ太郎とプギイがご案内します♪
病気予防やおくすり、予防接種などについてたのしくお話しましょう!

ジェンナーの会
元気なこどもを育てる知識を身につけよう!

ちゅうしゃうっ太郎
予防接種の接種履歴をスマホやケータイから管理してバックアップ!かかりつけドクターと共有しよう!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR