FC2ブログ

定期接種と任意接種 有料と無料のワクチンルール

予防接種のスケジュールをたてるときに、生と不活化の分類と、もうひとつ重要な分類があります。

定期接種と任意接種です。

これは、日本独特の分類です。
定期接種は、国が接種費用を助成してくれるので、無料で接種することができます
しかし、無料で接種することができる年齢に細かいルールがあります。

任意接種は、有料でうけければならないワクチンです。
市区町村によって、補助が出て無料でうけることができるものもありますが、無料になる期間についてルールがちがったりするので、要注意です。

復数回セットで接種するワクチンの場合は、前回の接種から何週間以上、何週間以内にうたなければならないという厳しい決まりがあり、一日でもずれると料金を負担しなければなりません。

この分類が、よりいっそう、予防接種のルールをむずかしくしています。

予防接種の料金は、病気になって入院するよりはるかに、リーズナブルではありますが、ひとつひとつの金額は、一回数千円から数万円で、経済的には大変な負担です。

海外に比べると日本では、無料で接種できるワクチンがまだまだ少なく、日本は、実は子供にとって、まだまだ住み良い国とは言えないのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェンナーの会

Author:ジェンナーの会
おかあさん、おとうさんの大切な赤ちゃんがいつまでも元気にすくすく大きくなってもらうためのお話を、うっ太郎とプギイがご案内します♪
病気予防やおくすり、予防接種などについてたのしくお話しましょう!

ジェンナーの会
元気なこどもを育てる知識を身につけよう!

ちゅうしゃうっ太郎
予防接種の接種履歴をスマホやケータイから管理してバックアップ!かかりつけドクターと共有しよう!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR