FC2ブログ

妊婦さんが風しんに感染すると赤ちゃんが危険です。

【どのように感染するの?】
感染:飛沫感染
空気感染はしませんので、遠くの人から染ることはありませんが、会話や咳などから感染します。はしかや水疱瘡より感染力は強くありませんが、インフルエンザより感染しやすいといわれています。
潜伏期間は、2〜3週間ありますので、その間に、知らずに人にうつしてしまうことがあります。

【妊婦さんが感染すると、赤ちゃんに障害が・・・】
妊娠20週までのお母さんが感染すると、高い確率で、赤ちゃんの体に障害がでます。これを、先天性風疹症候群(CSR)といいます。
・ 心臓疾患
・ 白内障
・ 難聴
・ 心身の発達が遅れる
妊娠初期のお母さんが感染するほど、赤ちゃんが障害をもつ可能性は高く、妊娠1ヶ月目で感染すると50%以上の確率で、赤ちゃんはCSRで産まれます。
妊婦さんには、絶対に風しんをうつしてはいけないのは、もちろんですが、妊娠していることに気づいていなかった、風しんにかかっていることを気づいていなかったというケースもありますので、風しんを流行させないことが重要です。流行を食い止める最も効率が良いのが、予防接種です。
妊婦さんが風しんに感染すると赤ちゃんが危険です
リンクボタン
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェンナーの会

Author:ジェンナーの会
おかあさん、おとうさんの大切な赤ちゃんがいつまでも元気にすくすく大きくなってもらうためのお話を、うっ太郎とプギイがご案内します♪
病気予防やおくすり、予防接種などについてたのしくお話しましょう!

ジェンナーの会
元気なこどもを育てる知識を身につけよう!

ちゅうしゃうっ太郎
予防接種の接種履歴をスマホやケータイから管理してバックアップ!かかりつけドクターと共有しよう!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR