FC2ブログ

風しんとはどんな病気?

【2013年 大流行しています!】
風しんは、春先から初夏に流行する病気です。
2013年 日本では、東京、大阪を中心に春までの期間に大流行し、2012年の同じ時期の30倍以上の患者数がでています。これからの季節、さらに多くの患者が出ることが、予想されており、2013年6月には、アメリカの疾病対策センターより、日本への旅行者に渡航注意情報が出されました。

【どうやって感染する?風しんにかかると、どうなる?】
症状:熱がでる、薄い赤色の少しふくれたできものが耳の後ろなどにできる、リンパ節がはれる、目が充血したり、関節が痛くなります。
感染した人の半分程度しか熱が出なかったり、3割弱程度の人では、症状が出ない人もあり、医療機関でも風しんの診断は、難しいそうです。
症状が重い人は、高熱がつづいたり、脳に炎症が起こることもあります。
風しんとはどんな病気?
リンクボタン

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェンナーの会

Author:ジェンナーの会
おかあさん、おとうさんの大切な赤ちゃんがいつまでも元気にすくすく大きくなってもらうためのお話を、うっ太郎とプギイがご案内します♪
病気予防やおくすり、予防接種などについてたのしくお話しましょう!

ジェンナーの会
元気なこどもを育てる知識を身につけよう!

ちゅうしゃうっ太郎
予防接種の接種履歴をスマホやケータイから管理してバックアップ!かかりつけドクターと共有しよう!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR