FC2ブログ

生ワクチンと不活化ワクチン スケジュールの基本です。

予防接種のスケジュールをたてるにあたって、一番基本になるのは

生ワクチンと不活化ワクチンの分類です!

生ワクチンというのは、ウィルスをヘロヘロに弱くしたものを接種することによって、かるーくかかったような状態にして免疫をつけるワクチンです。
この分類のワクチンを接種すると、次の予防接種まで4週間(中27日)空ける必要があります。

不活化ワクチンは、ウィルスを殺したものの中から、免疫をつけるのに必要な成分のみを取り出して接種します。
この分類のワクチンを接種すると、次の別のワクチンの接種まで1週間(中6日)空ける必要があります。
ところが、このワクチンは、ウィルスが体内で増えないので、予防に充分な免疫をつけるために、複数回、ワクチンごとにきまった間隔でセットで接種する必要があり、この間隔は1週間ではありません。
すべてバラバラに決まった間隔です。

予防接種のスケジュールが単純いいかないのは、次の接種まで適切な日にちを空けなければいけない点です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジェンナーの会

Author:ジェンナーの会
おかあさん、おとうさんの大切な赤ちゃんがいつまでも元気にすくすく大きくなってもらうためのお話を、うっ太郎とプギイがご案内します♪
病気予防やおくすり、予防接種などについてたのしくお話しましょう!

ジェンナーの会
元気なこどもを育てる知識を身につけよう!

ちゅうしゃうっ太郎
予防接種の接種履歴をスマホやケータイから管理してバックアップ!かかりつけドクターと共有しよう!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR